ピーコックエレメント P.EYE
priority is given to Quality over all.
ピーコックエレメント製造株式会社
ソリューション
製品情報
会社案内
新着情報
お問い合わせ
サイトマップ

製品情報

製品情報 | オイルフィルタ | エアフィルタ | フューエルフィルタ | ハイドリックフィルタ | 特殊フィルタ | 対応表
 
 

オイルフィルタ

オイルフィルタはエンジンをきれいに保ちます。きれいなオイルはパワーアップの秘訣。

小さな体で大きな役割。エンジン内部で循環するオイルから不順物を取り除くオイルフィルタ。

オイル、カーボン、ダスト、etc→オイルフィルタ(リリーフバルブ)→エンジン

オイルもダストも循環し続けます。

濾過面積が少ないとエンジン回転数を上げた時リリーフバルブが開弁し、ダストが直接流入します。さらに、濾過精度が低いとダストやカーボンは濾過されずに循環し続けます。その結果、原因不明(?)のエンジントラブルや機械の短寿命化を促進します。   
粗悪なものは、いくら早く交換しても意味がありません。

最高のバランスを実現した極限フィルタ

ピーコックエレメント製造では、独自の実験施設とノウハウにより極限まで効率を高めたオイルフィルタを開発しています。

500時間ではなく、1000時間の耐久性を持ったエレメントを開発してほしいという消費者からの要望により、CF-4クラスのオイルの使用を前提に開発されました。
ろ紙の性能、強度、ろ過面積を厳密な計算と徹底的な実験によりこれ以上のフィルタは存在しないという極限フィルタを完成。これにより、高精度ろ過とロングライフの両立を実現しました。

強靭なろ材の使用はもちろんの事、折込数を入れすぎると隣接したろ紙同士が接触しろ過面積が低下することへの対策として、ベルトやホットメルトといった手法のほか、様々な工夫が施されております。


特徴

  • エレメントの内径から割り出した、理想的な山数。
  • 長い年月にわたる販売実績と独自ノウハウによる理想的な強度と、高いろ過効率を実現
  • オイルフィルタはCF-4オイルと組み合わせることにより、エレメントの交換頻度を減少。