ピーコックエレメント P.EYE
priority is given to Quality over all.
ピーコックエレメント製造株式会社
ソリューション
製品情報
会社案内
新着情報
お問い合わせ
サイトマップ

ソリューション

ソリューション | 調達コスト | メンテナンス | 燃費削減 | 特殊製品開発 | よくある質問と回答  
 
 

燃費削減

燃費を削減

 

スパイラルフィルター

オイルエレメントエアエレメントフューエルエレメントはゴミやスラッジを除去しエンジンを保護することを目的としています。オイルエレメントはエンジンの磨耗による燃費悪化整備費用の増大さらには、車両耐用年数の低下などに重要な影響を及ぼし、エアーエレメントは空気の供給量と密接な関係があるため燃費に直接的な影響を及ぼします。

これが目詰まりを起こすにつれ、燃料の燃焼に必要な空気が供給されずらくなり燃料が不完全燃焼を起こし燃費を悪化させてしまいます。町で見かける黒鉛を吐きながら走行するトラックなどがその典型です。

弊社はエンジン用のみならず【軍用】から【空調用】まであらゆる産業のフィルターの開発を手がけております。これら多岐にわたる技術開発を組合わせる事によりピーコックエレメント製造の柔軟な開発が生み出されます。

火力発電所用フィルターのライフの倍増を目的として開発された特殊技術を転用して開発したスパイラルフィルターや空調用のフィルタリング技術により開発された燃費削減プロテクター等はその一例です。

従来品
日野エアーエレメント
従来品は目詰まりを起こすと”ヨリ”という隣同士のろ材密着がおこり、本来のエアーエレメントの機能の50%〜60%程度にしか機能を発揮できないため、ライフが短く、吸気効率も悪くなってしまいます。

弊社製品
スパイラルエアーエレメント
 
弊社スパイラルフィルターは特殊なろ材固定技術により”ヨリ”の発生を防止。フィルター性能を100%引き出すことに成功しました。
さらに、この技術に内径から算出された理想的なろ過面積、実験から導き出された空気抵抗を最小限に抑えるろ材の織り角度などを組合わせることにより、吸気効率の最大化ロングライフを実現ました。これによりエレメント自体のライフアップによるコスト削減と吸気効率の維持による燃費削減効果が生まれます。
※詳細は上記スパイラルのリンクを参照してください。
 
 
このように、ピーコックエレメント製造鰍ヘフィルターエレメントの研究・開発を通して、運送業の最大の課題である車両耐用年数の向上や燃費削減を目指し日夜研究開発に励んでおります。